ソーラーパネルで採算は取れるのか?

ソーラーパネル熱もある程度落ち着いてきた今日この頃だと
思っていたところ増税のニュースが入ってきましたね。
普通に考えて消費税が上がる前に買ったほうが得なので
駆け込み注文という感じになるかもしれません。
ただ、実際のところは政府の今後の取り組み次第かと
思います。例えば住宅ローンですと住宅ローン減税などの兼ね合いがありますので高所得者の場合は増税後のほうが
逆に良いという話もされていたりしますね。

とにかくこういった高めの買い物は買い時に困るわけですが
実際のところ採算が合うのかどうかというところがやはり気になるところ
ですよね。

違った視点で考え見る

一応今言われているところですと勿論ぼろ儲けはできません。
差分として+になったとしても気持ち+になる程度などと言う人も
いますね。ただ、先ほどの減税や例えば事業として太陽光発電事業に
参入している人も増えています。

採算が合うのか?という視点で見た場合は

そういった既に所得がある人にとっては大きなビジネスチャンス
であることは未だ変わらないのではないでしょうか。

最初に注目が落ちてきたと言いましたが、それでも
助成などがあるということはこれからまだまだ伸びていく可能性が
あるということですね。

何事もポイントを超えないとうまく回りませんので
太陽光発電はできれば多くの人が導入し次のステップに行って欲しい
ものです。実際に導入することがエコなのか?とか今回のテーマ採算は
合うのか?という論点ばかりが騒がれがちですが、なんだかんだいって
次のエネルギーを探さなければいけないわけです。

確かに今は太陽光発電は主要なエネルギーとしては不安定かもしれませんが
何事も研究が進んでみないとわからないこともあるでしょう。
莫大な赤字を出すわけでもなく長い目で見て+になるという時点で
そういった政策の手助けをしている。そしてもしかすると未来の
主要エネルギーになっているかもしれないという+の方面で考えてみても
良いかもしれませんね。